So-net無料ブログ作成
  ホテル探しにどうぞ♪                        

バリ島で国際結婚8・・・ [Marriage]

3日間の幽閉(?)生活が終了し、家から出られる日が来ました。
といっても、もちろん、その前に簡単な儀式を済ませなければなりません。
服装も上はTシャツに下はKamen(腰布)という簡単なものでOKとのこと。
朝から、バンジャールの人、警察の人、そしてマンク(ヒンズー教の僧侶)さん達がやってきて、儀式を執り行ってくれました。
そして私は、ヒンズー教に入るための書類に記入、サイン。
インドネシア語で書かれた書類なので、マンクさんと一緒に音読させられたけど、正直、あんまり理解できませんでした。はは・・・ま、いいんです・・・
そして、なんかよく分からないけど、マンクさんとおばあちゃんたちの指示を受けながら、お祈りをしたり、卵を足で転がしたり、くるくる回ったり・・・
おばあちゃん、私の手を取り、足を取り、ひとつひとつ教えてくれるのですが、なんせ、全てがバリ語。何を言ってるのか、どうしないといけないのか、さっぱり分かりませんでした(苦笑)
ま、でもマンクさんのOKが出たので、多分大丈夫だったのでしょう。

儀式の後は、マンクさんやバンジャールの人たちにご飯を食べてもらい、終了。

その後、警察の人のアドバイスで、警察署に行き、滞在証明を出してもらいました。
基本的には、外国人が一般の家に長期で滞在する時には必要らしいんですよね。ただし、チェックが入ることもほとんどないので、通常は、ソシアルビザなんかを取った時には届け出を出すぐらいですね。
今回に関しては、この滞在証明本当に必要だったのかはちょっと謎なんですが、まあ、証明書の発行手数料、なぜか取られなかったので、ま、いっかと・・・

この警察署への届け出が私が田舎に滞在中に唯一外出できた機会となりました。
といっても、近くだったんで、1時間弱ですぐに戻りましたが・・・。

その後は、私は、ひきこもり生活に戻り、だんなさんは、親戚のおじさんと、私の書類にバンジャール(ヒンズー教の事務所?よく分かりません・・・)の一番偉い人のサインをもらいに行っていました。

翌日のお昼間は特にイベント(?)がなかったので、私は相変わらずのひきこもり生活、だんなさんは、バビグリンを作りに出かけていました。
夜には、バンジャールの青年会(なんていうのかよく分かりませんが・・・)の人たちがお祝いに来てくれました。
知り合いなんかもちろん全くいないので、私は一人、ぼーっと座っていましたね。
私は最初の15分程度だけ出席して部屋に戻りましたが、、みんなは、夜中までお酒を飲んだり、カード(花札みたいなやつ)をしたりしていたみたいです。
そうそう、青年会のみなさん、それぞれがプレゼントを持って来てくれてましたが、私、結局ひとつも見れなかったんですよね。何くれてたんだろう?大きさ的には、グラスとかタオルっぽかったですけど・・・
頂いたプレゼントは、チャナンを作ったり、色々とお手伝いをしてくれたみなさんに配ったようです。
でも、中身、ちょっとでも、見たかったなあ・・・



~~~インドネシアやバリ島の情報がたくさん載ってますよ♪~~~

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。