So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
  ホテル探しにどうぞ♪                        

最近・・・ [Diary]

ここ数日、家にこもりっきりの私。
バリ島にいるというのに、部屋から一歩も出ず、ひたすら本を読んで過ごしています。

なんでだろう?全く人に会いたいと思わない[たらーっ(汗)]
たまにランチやディナーに出かけると、なんだか異常に疲れてしまいます。

でもって、一人で本を読んでいる時間がすごく幸せ[かわいい]
これまでの仕事が毎日、人に会う仕事だったからかな。
ちょっと休憩モード[眠い(睡眠)]

今、私の部屋は本だらけ。ベッドの上にはいつも本が何冊も。
手当たり次第に読みまくってる私。それも昼間っからビール[ビール]とか飲んじゃったりして[るんるん]

このままでは、社会復帰できないかも[あせあせ(飛び散る汗)]
と思うものの、ま、いっか・・・と結構呑気な私[かわいい]

今日は、夕方までに3冊読破。
2冊は白洲次郎さんに関する本。そして、もう1冊は、浅田光彦シリーズ。
白洲次郎さんは、戦後、日本国憲法誕生に立ち会った人です。
GHQに“従順ならざる唯一の日本人”と言われたとか・・・・
写真を見ると、すごくかっこいい人です[揺れるハート]
神戸のお金持ちに生まれ、イギリスケンブリッジ大学で学んだ(やんちゃすぎて島流しだったとか[ー(長音記号1)])白洲さんは、すごく個性的だったようですが、弱い立場にいる人を心から尊敬する本物のジェントル
マンだったのだと思います。
他の本も読みたいけど、バリ島では手に入りません[バッド(下向き矢印)]

もう1冊の浅見光彦シリーズは、テレビドラマでもおなじみの内田康夫さんの小説です。
このシリーズは大好きで、どれを読んでも面白いですね[かわいい]
今日は、“神戸殺人事件”を読みました。
昨日の平岩弓枝さんの“セイロン亭の謎”に続き、神戸の街の描写が懐かしかったです[るんるん]


風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

  • 作者: 青柳 恵介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 文庫




プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

  • 作者: 白洲 次郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫




神戸殺人事件 (中公文庫)

神戸殺人事件 (中公文庫)

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫



人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。